年代ごとの中折れについて

投稿者: | 2017年9月8日

男性は年齢を重ねると体力と共にペニスの勃起力も衰えていきます。
40代50代になると性行為の最中に「中折れ」をされる方が多いです。
最近では若い世代の男性も中折れで悩んでいる方が多く、年齢に関係なく発症すると言われています。
症状が進行してしまうと重度なEDへと繋がってしまいます。
ここでは年代別(20代、30代など)の中折れに関する情報を記載しています。

10代の場合

10代の中折れの主な原因はストレスによるものと指摘されています。
10代後半になると体も成熟し思春期を迎えます。
大学受験や学校でのストレスを感じる世代でもあり、初めて性行為を経験することが多い年代でもあります。
そのため、性行為の失敗を気にする男性も多く、それに対するストレスを感じ、何度も中折れを経験してしまうという男性もいます。

20代の場合

男性20代は性欲が高く女性の体を求める年代と言われていました。
しかし、近年では草食系男子という言葉もあり、女性に対して積極的になれない男性が増加しています。なかには性行為事態に興味が無いという男性も多くいます。
20代後半になると仕事のストレスや悩みが増え、その影響から中折れを引き起こす方が増加しています。

30代の場合

30代は20代とは違い仕事や結婚など、環境が大きく変わります。
人生の中でも充実した年代と言われていますが、仕事や日常の疲労が大きく、その疲労から性行為ができないという男性が増加しています。
また中折れによるストレスや心に深い傷で悩む方も多く、重度なEDを発症させてしまう方もいます。

40代の場合

この年代になると勃起力の減少がはじまります。
体力なども低下していき、長時間性行為を行うことができなくなる男性もいます。
中折れを経験することが多い年代でもあり、一度中折れを経験すると何度も経験するという方が多く注意が必要な年代と言われています。

50代60代の場合

男性50代60代となると勃起力や体力が減少し性行為事態をしないという男性も多くいます。
なかには性行為をされる方もいますが、同時に中折れを経験する方も多く存在します。

まとめ

中折れには体力の低下、年齢によるものなどが要因とされていますが、
一番の原因はストレスだと言われています。
性行為をされる前はストレスを解消し、互いに満足できる性行為を行うことが大切です。